加賀市のおもてなし喫茶メニュー

加賀パフェ

image

食べられるお店

※記載内容は、2019年3月現在の情報に基づいています。旬の食材を使用していますので、季節によって掲載写真と実際の料理内容が異なることもあります。あらかじめご了承ください。

1、加賀片山津温泉総湯まちカフェ (片山津温泉)

■石川県加賀市片山津温泉乙65-2
■営業時間/10:00~17:00(L.O.16:30)
  ランチ11:30~14:00
■定休日/木曜
■駐車場/50台(加賀片山津温泉総湯駐車場)
■席/40

外観
外観

MAPを見る

ゆるキャラクッキー&
♨マーク塩パイのせ
片山津温泉総湯2階の
“湯上がりひと息パフェ”

屋なんとフルーツ・オレがゼリーに! コクがありつつさっぱり味で、中のカットフルーツは季節により変化。人参マドレーヌの屋形船に乗った「かもやん」に導かれ、片山津の湯上がりをごゆるりと。

 

 

image
image

2、加賀フルーツランド(橋立)

■石川県加賀市豊町イ-59-1
■営業時間/9:00~17:00(L.O.16:30)
■定休日/火曜(12~2月)、年末年始
■駐車場/140台
■席/70

外観
外観

MAPを見る

苺のマシュマロ、苺ゼリー
苺タルト、苺の葉っぱ……
自社果樹園産ならではの
“いちご畑パフェ”

苺のマシュマロで実、苺メレンゲで花、抹茶クッキーで蔓、苺タルトやシフォンはココアの色で大地を…と「いちご畑」を余すことなく表現。華やかなパフェでいちご狩りを楽しめるなんて!

3、カフェランチ 加佐ノ岬 (橋立)

■石川県加賀市橋立町ふ23
■営業時間/3~10月10:30~17:00 11~2月10:30~16:30、ランチ 11:30〜14:30(※ランチ混雑時はお受けできない場合もございます)
■定休日/金曜  ■駐車場/20台  ■席/70

外観
外観

MAPを見る

夕景スポット「加佐の岬」へ
行く時に立ち寄りたい
おしゃれなカフェの
“日本海・夕日パフェ”

ゼリーは2層でバタフライピーと塩金箔ゼリー(日本海)の中に沈むトマト(夕日)。岬にある2本の松を燻製醤油クッキーで、波の華を炭酸の泡ゼリーで表現。五感で岬を堪能できます。

image
image

image

■石川県加賀市小菅波町1-55
■営業時間/11:00~23:00(金・土曜 ~24:00)
ランチ 11:00~15:00
※混雑時パフェはお時間がかかることがございます
■定休日/火曜  ■駐車場/40台 ■席/100

外観
外観

MAPを見る

加賀市は日本酒のまち。
酒蔵3社とコラボした
居酒屋ならではの“日本酒パフェ”

純白で統一したその姿は気高く、加賀の酒蔵それぞれの地酒を惜しみなく使用。それゆえ選ばれし者のみが味わえる限定パフェで、味も香りも余韻も至福。日本酒の新たな魅力に目覚めそう。

image

■石川県加賀市山代温泉温泉通り59
■営業時間/10:00~17:30、ランチ11:00~15:00
※ランチ混雑時はお受けできない場合もございます
■定休日/水曜 ■駐車場/20台
■席/20

外観
外観

MAPを見る

先付「胡麻豆腐」から
香の物「大根砂糖漬け」まで
料理長のアイデアあふれた
“旅館の会席パフェ”

胡麻豆腐を先付に、スティック野菜を向付、海苔チーズ焼は焼物と、旅館の会席料理に見立て、〈体にやさしい発酵食〉をテーマにした健康パフェ。加賀珈琲と甘酒のゼリーで余韻に浸って。

image
imafe

image

■石川県加賀市山代温泉18-59-1
■営業時間/9:30~18:00(L.O.17:30)
11~2月は~17:00(L.O.16:30) 
■定休日/水曜  ■駐車場/3台  ■席/30

外観
外観

MAPを見る

725年。行基によって
発見された山代温泉の
発祥物語にちなんだ
“八咫烏(ヤタガラス)パフェ”

むらんぐの紫雲に乗り、麩焼きせんべいの太陽を背にした八咫烏が神々しい。ポン菓子が乗ったマシュマロは山代の湯を表し、その下には自家製温泉卵が。山代の歴史も味もこのパフェに凝縮!

 

 

加賀カニごはん